久保田ブランドの日本酒の味の特徴

日本酒が好きな人なら誰しもが知っているブランドの一つが久保田です。久保田の人気は高く、製造方法を変えシリーズ化しています。近年は地酒ブームで日本酒に注目が集まることが増え、日本酒を嗜む人が増えてきました。そこで久保田を購入するときに気をつけて欲しいポイントがあるのでご説明いたします。実は日本酒の流通は法律で定められていることをご存知でしょうか。本来の流通ルートとしてメーカーから問屋、問屋から小売店、小売店から消費者となるよう定められているのです。しかしながらその法をかいくぐった流通ルートが存在するのです。その流れはメーカーから問屋、問屋から小売店、小売店からブローカー、ブローカーから小売店、小売店から消費者となるのです。価格に違いを感じる時は本来の流通ルートではない可能性がありますので注意が必要です。

久保田を購入するときに注意すること

日本酒は大量生産が難しく、久保田ブランドは特約店販売をしています。商品管理、価格設定、適切な説明などが正しく行える卸売会社に対して特約店として、販売を認めています。この制度は久保田のブランドイメージを保持する目的でもあります。久保田ブランドの中には限定出荷をされている、レアな商品があります。中にはこのようなプレミアムな商品に本来の販売価格以上の値段で売られていることがあります。そのような場合は特約店ではない可能性が高いです。ネット上でも本来の販売価格を上回る金額で販売されている商品も散見しますが、こちらは特約店ではない可能性が高いため注意が必要です。正規ルートで購入した商品は管理も行き届きていますので、味や風味が損なわれることなく久保田ブランド本来の美味しさを堪能することができます。購入する際に少しでも気になる点があった場合は特約店であることをしっかり確認するようにしましょう。

久保田ブランドについてご紹介します

久保田は新潟を代表する日本酒で地酒ブームを契機に有名になりました。淡麗辛口の味わいですっきりとした飲み口です。久保田シリーズの中でも萬寿は最上級で贈答用にも用いられています。濃厚で豊かな香りと深い味わいが特徴で、常温でも冷酒でも美味しく飲めます。その他に萬寿と同じ純米大吟醸酒の碧寿は、きめ細かい辛口が特徴的で、常温、冷酒、ぬる燗でも楽しめます。純米吟醸酒の紅寿はほのかな甘みがあり、まろやかで口当たりがいいことから、女性ファンが多いです。吟醸酒の千寿は食事と一緒に楽しめる用に作られており、食事を邪魔しないほのかな甘み、そして柔らかな口当たりが特徴的です。これらの他に特別本醸造酒の百寿があります。その他にも30周年を記念して作られた、純米大吟醸久保田の三十周年記念酒。4月から9月に限定出荷される大吟醸酒の翠寿、1月限定出荷の吟醸酒原酒もあります。

1円でも安く! 会員様だけの特別価格でお買い物できます。 大量仕入れと自社倉庫での商品管理により、どこよりもお手頃な価格で家電の販売を実現します。 お得に家電を買うならオススメ! 家電をどこよりも安く! ホテル、旅館、病院、マンションなど様々な施設の備品、家電を一括導入いたします。 高品質かつ低価格を実現する国産ジェネリック家電、maxzenなら4Kも5万円以下で買える! 日本酒の久保田をお探しなら豊富な品揃えのPREMOA