久保田ならではの日本酒の魅力を説明します

日本酒の「久保田」と言えば新潟県を代表するブランドの酒です。お酒好きな人はもちろん、それほどでもないという人でも一度は聞いたことのある銘柄ではないでしょうか。久保田は新潟県長岡市にある朝日酒造株式会社で作られています。創業は1830年(天保元年)ですが、その当時の屋号が久保田屋であり、その名を冠しています。久保田の発売は1985年(昭和60年)ですが、開発当時は甘く強い日本酒が好まれる傾向にありました。しかしこれからはすっきりとした飲み飽きしない味が求められると判断し久保田は作られたのです。あっさりとしていながら深みとコクがある淡麗辛口な味わいが、人々を惹きつける久保田の魅力です。その久保田には多くの種類があり、購入する際迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

久保田の主な種類とその味わいとは

現在久保田の銘柄では限定品も含めると10種類の商品が発売されています。その中でもシリーズ最高峰とされているのが「萬寿」です。柔らかな口当たりと調和のとれた旨味を持つ純米大吟醸の酒です。贈り物としてもふさわしい風格をたたえています。軽く冷やしてもわずかに温めてもその味わいを楽しめます。「千寿」は食事を楽しむ吟醸酒を目指してつくられた酒です。香りは穏やかで口当たりは柔らかく、飲み飽きしない吟醸酒です。冷やでもお燗でも美味しくいただけます。「百寿」はシリーズの基本形となる特別本醸造の酒です。香味の主張は控えめにし、辛口で飲み飽きしない落ち着いた仕上がりになっています。冷やせばすっきりとした、温めればまろやかな味わいが楽しめます。このように日本酒にある様々な味わいを楽しめるのが久保田のシリーズです。

それだけじゃない久保田の新しい味わい

久保田は発売されてから30年以上経ちましたが、改めて原点に立ち返り、今の時代の消費者に受け入れられる味わいを目指して作ったのが「純米大吟醸」になります。今の時代に会う新しい美味しさとは何かと考えた時、日本酒が初めての人でも一口目で実感できる美味しさだと久保田は至りました。そのために香りと甘みを磨き、洋ナシやメロンを思わせる香りに甘みと酸味が調和した味わい、そしてなめらかなキレの良さを併せ持つ久保田が誕生しました。冷やでいただくと持っている香りと味わいが十分に発揮されるでしょう。他にもアウトドアブランドとのコラボレーションによる商品などがあります。伝統に裏打ちされながらも、それに甘んじることなく新たなものを生み出そうとする久保田。豊富な種類の中から自分に合うものを楽しみながら選んでみるのはいかがでしょうか。